おすすめ!英語の勉強法【大学受験編】

勉強する高校生

語彙力→文法力→読解力

日本人にとって英語は決して理解しやすい言語とは言えないかもしれません。
しかし、だからこそ日本人が長年培ってきた学習方法があり、教材もたくさん存在します。
会話重視になりつつある世の中ではとかく批判の対象になりやすい現在の英語教育ですが、少なくとも普通の人が大学受験で高得点を取るためには次のステップを踏んでいく必要があります。

① まずは語彙の習得!

どんな言語でもある程度の単語・熟語を知らなければそのことばを理解することはできません。

② 次に文法の理解!

単語・熟語をつなげて意味のある文にするのが文法です。
まずは基本構文をしっかり理解し、その上で細かい文法を習得していきましょう。

③ そして長文読解!

ひとつひとつの文がわかっても英語の文章の構成に慣れないと読解問題に正確に解答することは難しいものです。
文章全てを正確に訳す必要はありません(勿論それができれば理想ですが)。
問題を解く上で重要な文や指示語を見逃さないようにしましょう。
この3つの力をしっかり身につけること。それが高得点への近道です。

1.英語が苦手な人の特徴

英語が苦手な人は前述の3つポイントのいずれかができていない人です。

単語を覚えるためには人によってコツやお勧めの方法はありますが、結局繰り返し暗記するしかありません。
それから逃げている限り英語力の向上はありえません。

文法については良い問題集がたくさんあります。
しかし少しやって、もしくは何となくやって次の問題集に移ろうとする人も多く、量をこなすことに満足してしまい、本当の理解ができていない人が見受けられます。

長文を「苦手。分からない。」と毛嫌いする人はなかなか得点力を上げることはできません。
長文読解には単語と文法はある程度理解した上で、たくさん文章を読み問題をこなすことで習得できる「コツ」があります。

英文を読む時にいちいち戻りながら完璧な和訳をしようとしていませんか?
実はあまり重要ではない文にこだわり過ぎて、気づいたら時間が足りなくなっていたといったことはありませんか?

2.おすすめの勉強法

上でも述べましたが語彙・文法・読解をバランス良く学習することが大切です。
語彙と文法がかなり不安な人は読解を少しだけ後に回してもよいでしょう。

まず単語・熟語についてはこの文章を読んだその日に始めてください。
人によって差はありますが、まずは1日20個程度の単語を本気で覚えようとしてください。

単語帳によりますが、数ヶ月で1周できると思います。
残念ながら人間はドンドン忘れていく生き物です。
繰り返し何度も確認・覚え直しをしましょう。
2周目・3周目となれば1日に確認する単語数を増やせるはずです。
文法はまずは学校で使っている文法書をドンドン進めましょう。
3周くらい真剣にやればかなり文法力が付いているはずです。

参考書では頭に入らない!という人は塾・予備校の利用を考えましょう。

語彙力・文法力をある程度(完璧である必要はありません)付けたら長文読解を進めます。
1日に何文章も読む必要はありません。
他の科目とのバランス次第ですが、始めのうちは1日1~2文章で十分でしょう。
慣れないうちは苦労するかもしれませんが、「読んで解く」ことに意味があると自分に言い聞かせましょう。

繰り返しになりますが、読解は「慣れ」が非常に大事です。
読み方のコツを参考書や学校・予備校の授業でしっかりと押さえていきましょう。

3.問題集・参考書の選び方

現在の英語力および目標とする大学によってやるべき問題集は変わってきます。
学校の先生や塾・予備校の担当者に相談して自分にあった問題集を見つけましょう。
実際に中身を見てみることも大切です。

自分がわからない問題の解説を見て「なるほど!」と思うものを探してください。
問題集を解きながらなかなか英語力のアップを実感できず不安になることもありますが、一度これと決めた問題集はぜひ最後まで解ききりましょう。
予備校の講座についても言えることですが、一通りやりきることで大きな穴を無くすことができます。
あちらこちらつまみ食いしていると実は大きな穴がそのままに・・・といったこともありえますので注意してください。

4.塾の選び方

塾選びの基本となるのはやはり「授業の質」です。
予備校の講師にはあまり「平凡な人」はいません。
良い意味でかなりの特徴を持った先生ばかりです。
様々な塾で体験ができると思いますので、まずは体験をしてみて、講師の特徴が自分に合うかどうか見極めましょう。
また、授業の質に加えて担当者(担任)の質も大事です。
自分の実力と目標を踏まえた的確なアドバイスをしっかりしてくれるか、予備校が提供できることと生徒自身がやるべきことを分けて明示してくれるか、といった点に着目して話を聞いてみることをお勧めします。

5.受験までに特におさえておきたいポイント

英語は受験科目の中でも特に勉強の成果が現れるのに時間がかかる科目です。
まずは自分で(必要に応じてアドバイスを受けるのもよいでしょう)学習スケジュールを決めましょう。
毎日少しずつやることを基本としてください。
語彙・文法について一通り終わらせると段々と成績が上向いてくるでしょう。

読解は更に自分の伸びを実感しづらいものですが、少しずつでも確実に量を積み上げていくと、きっと「あれ?読めるようになってきたな。」という瞬間が訪れるはずです。
あまりブレることはよくありませんが、不安を感じたら信頼できる先生や担当者に相談をしてスケジュールの修正が必要か確認をしましょう。

6.まとめ

英語は中々成績が伸びない一方で、ある程度の学習量をこなすと急激な伸びを実感できる科目でもあります。

とにかく「語彙」「文法」「読解」をバランスよく毎日少しずつ進めていくことを心がけてください。

まずは資料請求・無料体験から

資料請求/無料体験フォーム