公立中学進学コース~まなび道場(小3~6)

楽しく学んで基礎固め!

  • 選べる曜日と回数
    勉強は大事だけど小学生にとっては習いごとも大切。習いごとと重ならない曜日を選んで充実した小学校生活えお送りましょう。意欲のある人は週2回や週3回通っています。
  • 完全個人進度
    苦手な教科があっても大丈夫。まずはその穴埋めから。算数も国語も一人ひとりに組まれたカリキュラムです。
  • 一人一台タブレット
    算国ともにICTを活用。一人一台のタブレット端末を使用して学習していく次世代型授業です。
  • 自ら学ぶ
    まなび道場の特徴は「自ら学ぶ」こと。まずは動画を観てチャレンジ、それでも厳しいときは講師にその場で質問。決して受身になりません。

[開講科目]
算+国・英(週1回100分からの受講が可能)
[月額授業料の目安]
6,500円(+税) 小5 週1回(算国)の場合

時間割の例

時間割の例
授業は最大で週3回まで開講しています。
曜日は一例です。実際の開講曜日は校舎によって異なります。
英語は校舎によって開講日時が決まっていますので、校舎へお尋ねください。

週1日から気軽に勉強!

塾や勉強があまり好きではない。でも勉強しなくてはいけないとは思っている。そんなお子さんには取り組み のハードルを下げるところから初めてはどうでしょうか。週1回でいいから通ってみる。例えば算数。そこでは自分ののチカラに合った内容を自分のペースで進められる。そして国語。おもしろそうな本を、朗読音声にアシストされながら、知らず知らずのうちに読み進んでしまう。そんなまなびの環境があれば、最初は塾ぎらいだったお子さんも、通うのに抵抗がなくなるのではないでしょうか。授業の冒頭には算数の要素を含むゲームで知的興奮を呼び起こし、その日のまなびの時間の集中力を高める工夫も用意しています。

Qゼミのノウハウを集約!ツボを抑えた「さんすう道場 解説動画」

自学習形式の「さんすう道場」で、生徒はまず解説動画を視聴します。質の高い解説動画は、学習の心強い味方となっています。

~効果的なアニメーションと色使い~
従来の黒板やホワイトボードではできなかった直感的な理解が可能になりました

~長年のQゼミ集団授業で蓄積されたオリジナル指導スキル投入~
つまずきやすいポイント、学校の教科書にはないテクニック、よくある間違え、より簡単に解く方法、暗記しておくべきポイント、など

さんすう道場 解説動画

「人に伝わる」作文添削講座

多くの小学生にとって作文(記述力)は高いハードルです。記述力・表現力養成のため、まずは身近なテーマについて、しっかりと「人に伝わる」文章を書く練習を行います。提出された作文にはプロによる添削指導が入ります。添削後の答案を清書して1回の指導が完結します。

作文

国際社会で活躍できる英語力の幹をつくる!多読英語「YOM-TOX 」

絵本「Oxford Reading Tree(英国の8割の小学校で採択)」を「音声」とともに読み進めます。また、それぞれの絵本に対応した「ワークブック」で内容理解、語彙を深めていきます。「英語を英語で理解する」能力を高めます。

英語の本を読む小学生

楽しいから知識と興味が拡大する!名物「まなびフラッシュ」

授業の始まりはウォーミングアップを兼ねて、クラスみんなでフラッシュ暗記。
今後の学習で役立つ知識はもちろん、一般常識や大人も知らない知識まで、楽しみながら学んでいきます。いろいろなことに興味をもって、話題性豊かな小学生になることが目標です。
※「県庁所在地」、「11×11~19×19」「ものを数える単位」、「日本の多い苗字ベスト10」など

手を挙げる小学生

まなび王決定戦

意欲向上のため、年2回「まなび王決定戦」を開催します。テスト内容は漢字と100マス計算です。成績上位者は全校掲示され、賞品とともに称号(まなび大臣、まなび姫、まなび店長など)があたえられます。1位は「まなび王」となります。歴代まなび王の名は、年度をまたいで刻まれていきます。

笑顔の小学生

「読み書き計算シート」で身につける、2つの習慣。

長年にわたりQゼミ小学生の基礎学力養成を支えてきたツール、それが「読み書き計算シート」。2種類の計算に漢字練習と音読模写。これらを毎日1ページずつ取り組み、月の終わりに教室へ提出します。これを続けることにより、「毎日学習する習慣」と「提出期限を守る習慣」を身につけます。これらの習慣は中学生になってから効力を発揮します。
読み書き計算シート

語彙力判定 目指せ25,000語!実力テスト 目指せ目標点!

まなび道場の国語は「多読」。読書に始まり読書で終わり、生きた語彙を身につけます。その成果を確かめるのが語彙力診断®。推定語彙数25,000語の判定を目指します。ちなみに小6の標準語彙数が20,000語と言われていますので、目標としては申し分なしですね。年3回の実力テストでは国語と算数の総合力を判定。お子様ごとの目標点を目指します。見事、目標点を達成したら、次のテストで更なる高みに挑戦です。
語彙力診断

チャレンジ100

「チャレンジ100」とは?= 小学生の教養、特訓。

まなびの楽しさの一つに「知らなかったことを知る喜び」があります。年齢や学年に関係なくいろいろなことを知り、覚えていきましょう。Qゼミの「チャレンジ100」はそうした未知の知識に触れることで、生徒の好奇心を刺激し、賢い自分になるためのきっかけです。

  • 歴代の総理大臣を全部言えるようにする
  • 化学記号、化学式を覚える
  • 円周率をできるだけたくさん暗記してみる
  • ことわざや慣用句を100個覚える
  • 百人一首を全部言えるようにする
  • 歴史上の重要なできごとを覚える

・・・などなど、小学校の授業では扱わないかもしれないことに自発的に取り組みます。ただの暗記ととらえるか、脳への絶えざる刺激ととらえるかでその先の明暗が分かれます。Qゼミは当然、後者です。学習指導要領の改訂にも伴い、名門の私立小学校では早くから行われている取り組みでもあります。いろいろ覚えて賢い小学生になりましょう。

まずは資料請求・無料体験から

資料請求/無料体験フォーム