小学生

低学年or高学年、受験するorしない、目的別の5つのコースでニーズに対応

小学生の低学年で大切なことは、学ぶ楽しさを実感させること。授業中、「できた!」「わかった!」の声がどれだけ出てくるか。学習色はあまり前面に出さず、ゲームや遊びを通した学びが効果的です。高学年からは学習が本格化しますが、中学受験をするか否かで内容と量は異なります。受験の場合は相応の学習量をこなすことになりますが、Qゼミでは無理のない中学受験を標榜し、独自のカリキュラムの下で無駄を極力省いた最適な量と最適なレベルの問題を解いていきます。受験をしない場合は小学校の進度を見据えながらの学習になります。生徒のレベル、将来的な目標に応じて基本レベルと発展・応用レベルのコースを用意しています。

理英会アドバンスコース(小1~小3)

小学低学年の算国能力開発プログラム。カードやパズル的要素の教材を用いて数理的センスを身に着ける「アルゴクラブ」、朗読音声に導かれて読書に集中し、語彙力・表現理解力など国語力の基礎を高める「ことばの学校」を2つの大きな柱として楽しく授業を進めていきます。

理英会アドバンスコース

中学受験コース(小5~小6)

「超」難関中学を受ける場合こそ、小学校レベルを超えた知識量と問題演習をこなさなければならないのは事実ですが、それ以外の中学受験ではそれほどハードな学習は必要ありません。受験算数、受験国語の基本的な内容(理科・社会も同様)をじっくり学び、確実に理解することで入試は突破できます。従来のハードなイメージと区別するため無理のない中学受験と呼び、地に足のついた学習を進めていきます。

私国立中学受験コース

中学受験コース
公立中高一貫校受検対策(小4~小6)

適性検査という、教科の枠を超えた難度の高い関門を突破するためには早めの対策が必要です。Qゼミでは小4から専用カリキュラムを用意。中学受験コースのカリキュラムで算数、国語のハイレベルな学力を習得した上で、適性検査独特の思考力問題、記述問題への対応力を身に付けていきます。

公立中高一貫校受検対策

小学部特進コース(小5~小6)

中学受験はしないものの、将来的には国公立大学あるいは早慶上智といった私立難関大学に進みたい(進ませたい)という目標があるならば、この特進コースをおすすめします。必然的に高校はトップ校がターゲット。昨今の主流である特色検査に対応できるような「地頭」を鍛えるべく応用問題を中心に学んでいきます。

小学部特進コース

まなび道場(小3~小6)

算数国語の基礎的内容をしっかりと身に着けたい、そんなお子さま(ご家庭)におすすめのコース。算数は段階式のプリント演習「さんすう道場」。計算だけでなく図形問題もしっかり対応します。国語は全国300以上の塾で導入されている「読むとくメソッドⓇ」をベースにした「ことば道場」で語彙を増やし国語力を鍛えます。

まなび道場

ことばの学校(小1~小6)

国語力を高めるコツは、言葉の生きた使い方を学び、表現理解力を高めていくこと。そのために有効なのはやはり「読書」。それはわかっていても、そもそも国語が苦手な子にとっては読書も苦手(なはず)。どうすれば読書に集中し、読み続けていけるのか。その答えが「読むとくメソッドⓇ」であり、それを実践する「ことばの学校」です。朗読音声のサポートが読書の壁を取り払ってくれます。読後は「読書ワーク」で言葉の意味や表現のチェック。読書を楽しみ、語彙を増やし、国語力の基礎を高めましょう。すでに全国300以上の塾で導入実績があります。

ことばの学校

ばっちりくん小学生コース(通信教材・小1~小2)

1、2年生から通塾させるのは体力的にも安全面でも心配というご家庭も少なくありません。そんな方への学習手段として算数・国語・テーマ学習を1冊にまとめた通信教材「ばっちりくん」をご用意しています。神奈川№1の幼児教室「理英会」の教育ノウハウを詰めこんだ、ご家庭で楽しく学べる内容になっています。お届けは毎月1冊。動画による解説もありますので、ご家庭で説明に困ったときでも安心です。

ばっちりくん小学生コース

個別学習(小1~小6)

一斉授業の各コースをメインに受講しながら、どうしても苦手な科目については先生とマンツーマンの指導が克服への近道かもしれません。Qゼミの個別学習の特徴の1つが、すべて一斉授業の教室に併設されていること。教室長や担任、あるいは一斉授業を担当する先生が個別学習のカリキュラムを立てます。その子の弱点を知り尽くしたスタッフによる効果的な指導案を元に、個別担当講師がお子さんの指導に当たります。

個別学習

各コースのポジショニング

各コースにはさまざまな学習効果UPの工夫があります。

小学生 関連コンテンツ

Qゼミの先生が理科に関するみんなからの質問にお答えします!

junior_qbox

神奈川・東京の私国立中学校が一覧で確認できます

junior_schoollink

まっつ博士が日本のあちこちを走り回り、日本の活きた社会科の情報をみなさんにお伝えします

mattsu_bn_s

よくあるご質問

国大Qゼミに寄せられる質問・回答(Q&A)をまとめましたので、ご確認下さい。

さらにご不明な点がございましたら、本ページ右上の「お問い合わせ」からご質問いただくか、国大Qゼミのフリーダイヤル【0120-26-3149】にお問い合わせください。

中学受験コース・公立中高一貫校対策
Q. 中学受験って予習が大変といいますが…

私たちの学習スタイルは「復習中心型」です。
子どもたちの学習にかけられる時間は限られています。家庭学習の時間も同じです。その中で、予習内容を入れた学習をする場合、時間がよけいにかかります。ましてや、それを完全に理解までさせようとすると子どもだけではなく親御さんの負担も大きくなります。そして、授業の時には、初めて出会う問題を解決したときの喜びを得ることなく、淡々と確認するものになってしまいます。その上、指導の上に身につく「応用力」「発展性のある創造力」が、予習をすることによって、間違った方向についてしまう危険性があると私たちは考えます。だから、「指導はQゼミ」で、「定着は家庭」でという復習中心スタイルで進めていくのです。

Q. 家庭学習の量もたくさんあるのですか?

私たちは、家庭学習もしっかり管理し、宿題を提示していきます。
授業を受けっぱなしでは、授業内容を理解できていても、自分で問題を解くことまではいきません。したがって、家庭学習では、自分の力でできるところまで演習する宿題を出しています。またその宿題は「実行ノート」を使って自分で家庭学習のスケジュールを立てながら取り組んでいきます。

Q. 習い事との両立はできるの?

Qゼミ・本人・保護者の三者で相談しながら、無理がない方法で学習到達目標までサポートします。
子どもたちは100人いたら100通りのスケジュールがあります。Qゼミでは、一人ひとりに対応し、スケジュールを確認していきます。中学受験をすると決めた瞬間から習い事を整理して、学習に向かいなさいなどということは言いません。学習到達目標に応じて段階を踏んだスケジュールを提案していきます。例えば、「土曜日にサッカーをしていて、しばらく続けていきたい」等の事情があれば、ぜひご相談ください。

Q. 日曜日には、何かありますか?

5年生までは、土曜日・日曜日に通常授業はありません。
1週間の学習スケジュールの中で土曜・日曜は家庭学習の日と位置付けています。6年生からは、土曜日の通常授業、テストがあります。また後期からは日曜日の入試実戦特別ゼミが始まり、本格的な受験態勢に変わっていきます。

Q. 父母会や面談は行うの?

定期的な保護者会・面談はもちろん、必要な面談は随時行っていきます。
面談担当者は、同時に授業も担当します。他の塾のように授業の様子がわからない担当者が、テスト結果などの数字だけをもとに面談するのではありません。実際の子どもたちの様子をふまえてお話いたします。

Q. 通常の授業以外にどんな講座があるの?

様々なゼミを設けています。
もちろん、「必要な方に必要なものを」といった目的で講座を設定していますので、お子さまの現状を考え、提案させていただきます。例えば、科目間で学習到達度の差がある場合は、「個別学習」を、単元的に弱点がある場合や、得意な科目をもっと得意にするために「選択単科ゼミ」を設定し、親御さんとの話の中で、必要ならば提案をしていきます。いつの間にか受講しなければいけないものが増えている、ということではありません。

Q. 受験指導はしてもらえますか?

最新の情報をお伝えしていきます。
各保護者会や面談の中で、最新の入試情報をお伝えしていきます。また資料も公立・私立問わず充実しています。また実際に志望校を決めて行く際も、お子さんの状況を分析し、最適な受験(受検)パターンを提示させていただきます。どうぞご安心してお任せください。

小学部特進コース・まなび道場
Q. 個人面談や保護者会はありますか?

定期的な保護者会や面談を実施します。
面談は期間を決めて実施しておりますが、状況によっては随時実施いたします。相談事は突如湧いてくるもの。そんなときはQゼミスタッフにご相談ください。プロのスタッフが対応いたします。お困りの際はQゼミへお電話、または「コミメ(※)」をお送りください。

Q. 「チャレンジ100」とは、何ですか?

小学生として、また中学・高校で必ず習う幅広い一般知識を身につける、自学自習形式の学習です。
「世界地理」「有名な古典の暗唱」「干支」「素数」「歴史上の重要人物の顔と名前」など、算数・国語にかぎらず役に立つ知識・教養を身につけます。頭の柔らかいうちに、思考力の土台となる知識を多く身につけることが、質の高い学習につながります。

Q. 「読み書き計算シート」とは、何ですか?

毎日、少しずつ学習する習慣を付けるための問題集です。
「スピード計算」「じっくり計算」「リピート漢字」「音読模写」の4部構成で、基礎計算や基本漢字を身につけると共に、子どもの脳に継続して良い刺激を与える内容が厳選されています。また、提出日の管理も重視しているので、「期日までに提出する」という重要な行動を習慣化する訓練にもなります。

Q. 国語・算数・英語などは、必修ですか?

バランス良い学習のために、国語・算数は必修です。
5・6年生の英語の授業は、選択式です。また、月の途中から受講科目を増やすこともできます。単元ごとの到達診断テスト・実力テストも、国語・算数のみ実施します。