小6になってからでも、中学受験はできます。

川崎校の様子

「やっぱり地元の公立中学には行きたくない。」
小6になって、お子さまが突然、こんなことを言い出した。

大丈夫ですよ。小6になってからでも、中学受験はできます。
ぜひご相談下さい。いの方も参加できます。

中学受験の考え方はさまざま

本格的な受験では、多くの時間を勉強に費やします。
それにより、得るものもあれば、失うものもあります。

習い事やスポーツ、旅行を含めたさまざまな体験の時間を勉強にまわします。
週に3~4日は夕食が塾で食べる弁当になります。

どうしても勉強に偏った生活になります。

こう書くと受験の負の面を感じられるかもしれませんが、得るものもたくさんあります。

要は、「勉強とそれ以外のもののバランスをお子さまの年齢によってどのように設定するか?」というご家庭の教育方針によります。

小6から受験をお考えになるご家庭では、小5までは、習い事やスポーツ、旅行を含めたさまざまな体験、ゆとりなどを優先されたということです。

小6からの中学受験のポイント

小6から中学受験をお考えになる場合、良い学校選びができていることが成功のポイントになります。

これまでの成功例を思い起こしてみると、
・1校のみの受験
・偏差値は40以下
・算数、国語の2科目受験
・先生と生徒1:1の個別学習
という共通項があります。

私の経験上、合格率100%です。

偏差値40以下という数字のもつイメージではなく、中学受験の偏差値を正しく理解しておくことが必要です。

偏差値40以下の私立中学校と地元の公立中学校をさまざまな面で比較してみると、経済的な問題さえなければ、多くの方が偏差値40以下の私立中学校を選択されると思います。

中学受験の偏差値表に、地元の公立中学校をあてはめてみると、どのあたりになるでしょうか。

小6からの受験勉強も、私立中学受験の1つの選択肢です。

まずは資料請求・無料体験から

資料請求/無料体験フォーム