快特に乗ると横浜市立大の入試に行けない!?

元気が出るブログ表紙

こんにちは、国大Qゼミの冨田です。

私の大学受験の時の話です。
横浜市立大学を受験したのですが、鹿児島出身の私は受験で初めて神奈川へ来て鉄道路線の種類の多さにびっくりしました。

関内のホテルに泊まっていたのですが、大学への行き方が分かりません。
とりあえず、横浜駅に行きました。

そこで、駅員さんに聞くと、京急という鉄道会社の電車に乗ればいい、ということが分かりました。
そして、金沢八景という駅で降りればいい、ということも分かりました。
駅のホームに行くと、快特・特急・急行・普通と4種類も電車の種類があります。

普通が一番遅いのだろう、という予想はつきますが、他はどれが一番早いのか、どの種類の電車に乗ればいいのか、さっぱり検討がつきません。

一か八か、次に来た電車に乗りました。

そして、電車が金沢文庫駅に着き、次が金沢八景駅です。
車窓から横浜市立大学と思われる建物が見えてきました。

しかし、キャンパスを横目に見つつ、電車は金沢八景駅を通過していくのです。
結局、着いたのは横須賀中央駅でした。
快特に乗って、あっという間に横須賀まで行ってしまったのです。

ちなみに現在は金沢八景駅には快特は停車します。
当時は止まりませんでした。
金沢八景駅に快特が停車するようになったのは2010年からです。

この話、実は下見をするため試験前日に大学に初めて行った時のことです。
前日にこの失敗をしておいたおかげで、本番当日は無事到着することができました。
勉強以外にも、こんな事前対策がかなり大切だと身をもって皆さんにお伝えできるエピソードです。

まずは資料請求・無料体験から

資料請求/無料体験フォーム