金子みすゞ「わたしと小鳥と鈴と」の意味

元気が出るブログ表紙

こんにちは、3月10日は、詩人・金子みすゞの命日です。
代表作「わたしと小鳥と鈴と」は、皆さんもご存知だと思います。

わたしが両手を広げても
お空はちっとも飛べないが
飛べる小鳥はわたしのように
地べたを早くは走れない
わたしが体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど
あの鳴る鈴はわたしのように
たくさんな歌は知らないよ
鈴と小鳥と それからわたし
みんな違って みんないい

受験勉強、学校生活。
他の人と比べて、自分はどうなの?
ということを、強く意識する時が沢山、あると思います。
それは「自己」と「他者」との関係を考える機会で
その中で、人は学んで行くもの。
もし、周りが気になりすぎて、自分を見失いないそうになったら。
結局、自分が引き受けるのは、自分の領分だけだ、と
この詩を思い返して、前進です !!

まずは資料請求・無料体験から

資料請求/無料体験フォーム