高校入試!こうすれば合格する

いよいよ、神奈川県の高校入試が迫ってきました。
何をしても、入試のチャンスは1度きりです。

ああすれば良かった・・・後悔する前に
「合格する勉強法」
を知って、実践あるのみです!

苦手な科目にこだわって勉強する

一見、この題名を見て
「うんうん、苦手の克服は大事だな!」
と思った方・・・実は、間違っています。

入試まであと1ヶ月ほどの時期に「苦手な科目や単元にこだわって勉強する」は悪手です。

なぜか?

「苦手」の殆どが「図形の証明」「英語の長文読解」「国語の論説文」・・・
つまり、付け焼刃の勉強で何とかなるものではないからです。

それならば、「英単語・熟語の一問一答」「社会の抜けている単元の暗記」「理科の生物・地学」
ちょっとした忘れているところを補強すれば、即、点数につながる。
そういう単元にこそエネルギーを注ぐべきです。

高校入試では、合格最低点の設定はありません。
たとえ英語が30点でも、他の科目がすべて80点台ならば2番手校レベルに合格もありうるのです。

新たな問題にチャレンジする

新たなものごとにチャレンジするのは、素晴らしいことです。
ただし、入試直前は話が別です。

入試が近づくと焦るあまり「7日間完成〇〇」のような問題集を買いたくなったりします。
しかし、最強の入試対策は「過去問」「神奈川県入試の専門の問題集」「実力テスト」
つまり、Qゼミで行っている日々の実戦特訓や宿題を、時間を計って解き続けることです。

Qゼミでは実戦形式で訓練を積み、実力を本番で発揮できるように、完璧なプログラムが組まれています。
そして、解けなかった問題を地道に「解き直しノート」にして、自分専用の参考書を作る。
これ以上に確実な入試対策はありません。

新しい問題集を買うよりも、いま手元にあるテキストを復習しましょう。

そして、困ったらQゼミの先生を頼りましょう。
先生たちは、最後までQゼミ生の皆さんの味方です。

まずは資料請求・無料体験から

資料請求/無料体験フォーム