吉村校舎長インタビュー

吉村校舎長にインタビュー

「学ぶって楽しい!」を実感し、自ら学び続けることができるように

他塾にはないQゼミの良さとは何か。
今回は北山田校の吉村功校舎長にインタビューしました。

「学ぶって楽しい」がいちばん大事

授業で一番大事にしていることは何ですか?

子どもたちが「学ぶって楽しい」と思えることを第一に考えています。
ですから時には冗談を言って笑わせ、楽しませる指導を心がけています。
ただ教えるだけが塾の役割ではありません。
難しい内容でも楽しみながら勉強できることがわかると、やる気が出ます。
そうすると結果にもつながります。

学びきる、分かったつもりにさせない

Qゼミの指導はどのようなものですか?

生徒たちが「勉強をやりきること」そして「学びきること」が大事。
それを叶えるのがQゼミの指導です。
学びきるというのは、分かった「つもり」にならないということです。
授業を受けること、これが勉強の第一歩ですが、それだけでは不十分。
その場では分かったような気がしますが、それを本当の理解や定着までに至らせる工程が必要になります。
そこに宿題とテストの意味があります。
授業で分かったことを宿題で繰り返し演習することで理解を深め、さらにテストで確認することで定着が図られる。
だからQゼミでの宿題は「復習」が中心。
そして宿題チェックとテストのやり直しを徹底して行っています。

生徒が20歳になった時のための指導

今後、どんな教育を目指していますか?

世の中の価値観やしくみなど、様々なことが変化し、自己表現力が問われていく時代です。
ですから「自ら学べる子を育てる教育」を目指していきたいです。
具体的な目標は生徒たちが20歳を迎えた時、自ら学べる人間になっていられるように指導をすることです。学びは生涯必要ですから。

学習面でも、自分で勉強することができる時間が長ければ長いほど、成果が得られるという研究結果が出ています。
自分で長時間の勉強ができるようになるためには、学ぶことが楽しい、もっと知りたい!という意欲が必要不可欠です。
そのために私たちは、勉強の仕方だけではなくノートの取り方まで伝えるようにしています。
あらゆる面で学習のサポートをすることで、「学ぶって楽しい!」と実感し、自ら学び続けることのできる子を育てていきたいのです。

まずは資料請求・無料体験から

資料請求/無料体験フォーム